危機管理体制,緊急連絡先

海外留学中は、思いもよらぬことが発生することがあります。県立広島大学では、海外渡航中の危機管理を考え、24時間365日連絡を取れる体制を整えて海外留学をサポートしています。

対応時間 連絡先 電子メール
窓口業務時間 8:30a.m.~6:00p.m.(平日)
※ただし、休業期間中は17時15分まで
国際交流センター
+81-82-251-9607
puh-ie-s@pu-hiroshima.ac.jp
(国際交流センター Eメール)
窓口業務時間外 8:30a.m.~6:00p.m.(平日)
※ただし、休業期間中は17時15分まで
国際交流センター
+81-82-251-9607
puh-ie-s@pu-hiroshima.ac.jp
(国際交流センター Eメール)

緊急時は、電子メールではなく、上記連絡先に電話をかけること!

海外渡航する前に

本学では、学生の海外渡航に際して、次のような支援を行っています。

その1)海外渡航状況の把握について

国際交流センターでは、海外留学や海外旅行前に「海外渡航届」を提出させることにより、学生の海外渡航状況を把握しています。また、海外旅行される方には旅レジ(外務省)への登録を勧めています。
海外渡航届提出の際に渡航注意喚起情報の提供や渡航中の相談・助言などを行っています。

その2)アイラック安心サポートデスク

本学では、株式会社日本アイラックの危機管理総合システムを導入し、海外留学をする学生に対して安心サポートデスクへの加入を義務づけています。派遣留学中などに海外にいる教職員や学生が事件事故などに巻き込まれた際には、日本アイラックと連携し対応します。また、安心サポートデスクの加入者が事件事故に遭遇などした場合は、危機管理会社と連携し解決のために共同で支援します。

その3)海外旅行傷害保険について

協定校留学や交換留学、短期プログラムに参加し海外留学する際には、本学指定の海外旅行保険に加入することが義務付けられています。株式会社日本アイラック指定の海外旅行傷害保険なので、海外で事件事故が発生した際には、即時対応が可能になります。

このページのトップへ